興信所と人探し事務所の違いとしては、あまり無いのではないかと言っても言い切れます。

両方とも、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策や行方不明者の捜索みたいな似たような仕事をしています。

ただ、差があるとしたら、興信所は、企業や団体からの依頼向けで、人探しは個人からの依頼が多い傾向です。

ご主人の浮気相手の家などに乗り込んで行って惨憺たる状態になるのは、映画やドラマでよく描かれます。

妻とその浮気相手がいるところへ夫が乗りこんだら、傷害・殺人まで起きるというプロットもサスペンスにはありがちです。配偶者と浮気相手のいるところへ自ら踏み込むのも選択肢の一つです。別れる決心がついている場合は、問題ないかもしれません。実際に浮気調査にかかる期間はどれぐらいなのかというと、普通は1週間以内には終わります。確認しておきますが、これはあくまでも平均がそれぐらいだという話です。

調査の対象者がとても用心深かったりすると、3〜4日では終わらず1週間から1カ月以上かかってしまうことがあると思っていてください。

逆に、浮気する可能性の高い日が特定済みの場合は、調査期間は1日で済むこともあります。

法律的に、結婚している男女が婚姻関係にない人と自分から性的に親密になることを浮気といいます。すなわち、法律上では、肉体関係を持っていない場合には、普通のデートをしたとしても、浮気とはいえないということになります。

個人で男女の関係を実証することは難しいかもしれませんが、人探しや興信所に内偵してもらうこともできます。

浮気調査をプロの人探しに依頼して証拠を掴むことができても必ずしも「離婚した方がいい!」とは言い切れないのです。

子供がいるご夫婦の場合は特に配偶者の浮気が確実なものになったからといって離婚というものはそう簡単なものではありません。

養育費は想像しているよりもずっと少額になりますし、約束をしても支払ってもらえないことも多いですから、一人で育てていくのは容易ではありません。

男手一つで育てる場合にもまた同様で仕事と両立しながら上手くやっていくのは難しいでしょう。離婚ということになってもかまわない、慰謝料をちょっとでも多く取りたいと思う場合、思い切って浮気現場に踏み込むのも良いでしょう。

しかし1人で踏み込むという方法を取ると、さらに揉める可能性が高いので、避けたいところです。

あなたが信頼する人と一緒に行けば、頭に血が上って事態を悪化させることがないでしょう。心から信頼する人が一緒に行く都合が付かない場合には、思い切って人探しなどに頼んでしまいましょう。

人探しは頼まれたことの調査をやるだけではいいのではありません。

不倫をしているのか調べていくと、トラブルが発生する可能性があります。そんな状況になった時に、依頼者の立場を何よりも先に気にしてくれる探偵が信じられる探偵と言えるでしょう。信頼してもいい探偵なのかは、どのような対応をしてくるのかなどで慎重に判断する事を心掛けてください。

浮気の証拠を握るためには、探偵に浮気調査を依頼するのが最も確実でしょう。

ところが、探偵に頼むと高額なので、どんな人でも簡単に調査を頼めるというわけではありません。

探偵に浮気の調査を頼んだら、いくらくらいのお金が必要になるのでしょう?探偵事務所が変われば価格はそれぞれ異なるので、調査を依頼する前に見積もりを頼むべきです。

着ている服を見て浮気の実証ができます。浮気をしている人に、明確に分かるのは着る洋服の違いです。

それまではお洒落には興味がなかったのに、いきなり服装に関心を持ったのであればよく見ることが重要です。これから先浮気をしようとしていたり、とっくに浮気のパートナーがいたりするかもしれません。例えば、携帯で通話した履歴から浮気の証拠を掴めるのです。携帯電話は浮気相手との連絡手段として使われるのが当然だからです。

近年、メールやラインで連絡を取ることが多くなりましたが、好意を持つ相手の声を聞きたくなるのは当たり前です。そのため、何気なく電話することはもちろん考えられます。浮気の調査を人探しに任せ、疑いようもない明確な証拠が手に入れば、慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることもできます。

相手が信頼できなくなってしまったら人生を一緒に歩むのは相当な心の重荷になりますから、慰謝料をもらい、離婚することは選択肢の一つかもしれません。それと、原因となった不倫相手に慰謝料を請求すると二人が別れることは間違いないでしょう。

 探偵が使っていることで知られている追跡グッズとは 自分自身で買えるのかと言われたら買えます。追跡グッズは、一般にはGSP端末を使用されることが多いですが、どんな人でもネット等で買えます。

車両に載せてあるGPS端末というのは、普通は、車が盗まれたときのために備えておくものですから、誰でも買えるのは当然です。

探偵が浮気調査を行う時でも時には失敗することもあります。

人探しが浮気調査の専門家だとしても、予期せぬトラブルに見舞われることが少なからずあります。パートナーが急に車を使ったり、電車に乗ったり、尾行者の存在に気づく時もあるでしょう。

それに、浮気調査実施中に不倫相手と接触しない場合には証拠入手が困難です。

成功報酬制度を持った探偵事務所に浮気の調査を頼めば得になるかと言えばケースバイケースでそうでないこともあります。成功報酬ならば一般的な感覚としては結果として不成功となった場合、お金を払わなくても済むのでシステムとして依頼者が得するという感じがします。それ故に、ことさらに成功報酬制度をうたっている人探し事務所に限って、見つけている人もいるのです。

尾行料金の相場はと言うと、調査員が何人かによっても違いますが、1時間あたり1万円から3万円くらいです。

当然のことですが、調査員の数が少なければ安く、多ければ多いほど高くなります。そして、尾行時に移動のために車やバイクを使った場合、別に交通費や車両費として請求される場合がありますので、確認がいります。

信頼に値する探偵事務所を見つける方法として、口コミを確認する方法があります。そのようなときには、その探偵事務所が管理しているウェブサイトに記載された口コミを見るのではなく、全く無関係の掲示板や専門の相談用サイトに記載されている口コミを確認するようにしましょう。

該当する人探し事務所と金銭的に無関係の人による口コミは、比較にならないくらい信頼できる情報と言えます。

例え、配偶者が浮気している場合でも離婚を避けたいのなら浮気現場を押さえようとすることはやらないほうが無難です。

浮気していることが明らかになってしまうと配偶者が浮気を正当化したり、逆上してしまい、別れなければいけなくなってしまうこともあります。

しかも、浮気相手に直接関わった結果、精神的に、大きく消耗することになります。

成功報酬と言って誤解されがちなのは、例えば、調査内容が浮気についてだった場合には、調査期間が3日間だったとして調査を行う3日間で浮気の証拠を掴めなければ調査は成功となってしまうのです。

浮気しているのかは分からないまま、3日の間に浮気が発覚しなければ、浮気の証拠がつかめないまま、調査についてはそこで完了し、事前に約束していた成功報酬を支払うことになるのです。

浮気調査は自分ではしない方がいい理由があります。

それは逆上してしまう可能性は否定できません。 どんな人でも、最愛の人の密会現場に遭遇してしまうとその場の激情に身を任せてしまうケースがこれまでに多くありました。平穏に解決するためにも、本来の目的を達成するためにも、専門家である人探しに依頼するべきでしょう。

浮気調査の第一段階ですべき事は、浮気が実際に行われているか否かを明確にする事です。確かな浮気の痕跡を入手出来ない場合にはひとまず、依頼主に調査続行の意思を確認することとなります。不倫相手の存在が確かになれば次は不倫相手を調査となります。

仕事先など、あなたの確認できない場面でのパートナーを調査したり、こちらの存在を悟られぬよう注意をしながら、浮気相手の姿・年齢・氏名などを押さえるのです。

探偵に依頼するなどし、浮気の証拠を押さえる手段も良いと思います。

相手の様子が浮気を想わせた場合、証拠を自ら集めようとするでしょう。

でも、浮気の証拠を自分だけで手に入れるとなると、自分の行動が相手に見つかってしまう可能性が高いです。理由としては単純で、あなたの顔を覚えているからです。尾行代金が時間によって設定されている場合、尾行時間が短い人探しの方が、少ない費用になります。

ということは、尾行を探偵に頼むなら、日頃のパートナーの行動パターンを調べ上げることが重要です。その中で、最も怪しい時間帯や曜日に探偵に尾行を依頼すると、探偵のほうも手間が省け、双方にとって利益があります。どうしても探偵を雇うと料金が高いので、「私が尾行すればいいんじゃない」と簡単に考えてしまう人もいるようです。

難なく尾行しているようにテレビドラマを見れば思ってしまいますが、実践してみればそうはいかないもので変に思われず相手を見張り続けるというのは想像以上に難しいはずです。

こちらの行動がバレてしまうと、相手は手を打つので、浮気の決定打を見逃してしまう可能性もあります。

相手の非を認めさせるには確実な証拠がいるので、浮気調査は探偵がしたほうが確実です。

運転する人の目につかないところにGPS端末を取付して、移動の様子を常時監視し、移動中の所在を確認したり、記録したデータを後から取り出して調べたりします。車より、徒歩、自転車、公共交通機関などを使う事の多い人なら、バックなど、身の回り品にGPS端末をかくしておくこともできます。こうすることによって、パートナーの行き先やそこにどのくらいいたのかもわかります。

人探しには悪いところがなくても、依頼者側に落ち度があって、パートナーに気づかれてしまって、浮気調査が難しくなり、うまく行かない事もあるのです。

浮気調査を人探しに依頼しても、いつも証拠が揃うと思い込むのはよくありません。充分な調査が出来なかったときの費用についても、契約を交わす際に契約書に盛り込むことが必要なのです。

不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、50万円程度のケースもありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。

離婚しなくても慰謝料を請求することができますが、金額は低いです。

さらに、不倫相手が浮気を認めない際は根拠が必要です。

どの人から見てもはっきりとした不倫の証拠が必要です。

日々、相手の生活の様子を観察するのはだれにも頼まずにできることですが、浮気を認めざるを得ないような証拠を押さえるためには、その道のプロとして技術をもつ人探しに頼んだ方がトラブルの心配もなく、安心です。

そして、人探しに頼むという事は、ただ、浮気に関する調査報告をもらうだけでなく、豊富な経験にから様々なアドバイスをもらえるということも、貴重なことです。探偵について、その特徴を考えると、怪しむ人のないように警戒を怠ることなく目立たないように調査を進めるのに対して、興信所はというと、身辺調査・企業調査を依頼される傾向があるため、先に身分や目的を開示してから表立ってリサーチを行うようです。そういうわけで、個人の行動を調べるには探偵が向いており、一方、興信所は情報を集めることが上手だと、おおまかには考えられます。人探しをバイトでしている人のいるようなことがありえます。探偵のアルバイト情報を調べれば、なんと求人の情報があるのです。

というわけで、探偵事務所がバイトとして採用することもたくさんあるわけです。浮気について調べるように言うときには、個人情報を伝えなければいけません。

バイトとしてやっていると突然やめることもあるでしょうし、聞いた事柄を第三者に教えてしまうことができてしまうわけです。費用を節約して浮気調査をするには、事前にある程度自分で調査を済ましておくようにしましょう。

難しい調査ではありません。

パートナーの行動を毎日記録するようにすれば立派な調査なのです。

毎日の出勤時間、帰宅してきた時間、だれかと電話をしているようなら、その時間と話していた時間の記録もしておきましょう。

参照元