新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。

その耐用年数は、原則的には一生持つとされていますが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、担当医の技量によっても変わるようです。

口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用がかさむことに尽きます。

おおむね保険適用外で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによってかなり費用が違うことも確かで、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも思いの外費用は違ってきます。治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないことも念頭に置きましょう。

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により何種類かのタイプがあります。人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、そのコネクション部分の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費の高さは重要な問題ですね。

現実には、治療費といっても地域や、歯科医によって差があると考えるべきです。なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用設定は歯科医院に完全に任されています。それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが一般的です。今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。

骨との親和性が高くアレルギーの発症例も少なくなっています。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的に治療をすすめていくので納得した上で治療を始められます。治療が終わったところで、重要なメンテナンスを欠かさず継続することで安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。

一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の一大関門となります。

周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が相当の妨げになります。

インプラント治療のために何でもできると思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、がんばって禁煙に励みましょう。

技術の進歩した今では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。

酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどの事例もあります。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に原因があると言ってよいでしょう。インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科で治療を受けるようにしましょう。

インプラントの利用を考える際に、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。その点は、担当医の技量に加え、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずしもこうなるとは言えず、結局、治療してみるまで分からないということになります。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、腫れがなかなか引かないという時は、直ちに歯科で診てもらってください。

入れ歯の装着に違和感があるという方、または単純に入れ歯は嫌という方には適用されるのがインプラント治療です。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に上部の義歯になる部分を装着します。

おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが周囲にもそれと気づかれにくく、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

義歯でも、見た目や使用感を要求する方に向いています。

インプラント埋入は外科手術なので、術後は痛みが落ち着くまでは、安静に過ごすように努めましょう。

日常生活でも歯に負担がかからないようにして、明らかに負荷がかかるレベルの運動は控えることが望ましいです。血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

運動を習慣にしている方の場合は歯科医の意見を聞き、再開時期を話し合うと安心できます。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、自分の歯がうずく反応もよくあります。これは、人工物を埋め込んで周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどです。しかし、他の原因から生じることもあるので、違和感がおさまらないときは速やかに歯科医の診断を受けることを忘れないでください。治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。健康保険が使えることもまれにありますが、一般的なケースではなく、自費診療として始めるしかないのが高額の負担を強いる原因です。現状では最低線が十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用はその数倍に及ぶことを承知しておく必要があります。人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使っているためです。ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安なく進めていけるでしょう。長く根気のいるインプラント治療。しかし、やっと治療期間が終わったといっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、毎日欠かさず行うようにしましょう。

治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。

また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、異常に気付くのも遅くなります。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

保険がきかない理由ははっきりしています。インプラント治療と一口に言っても他の人工歯を使った治療に比べて時間も手間もかかるからです。

手術の前後には様々な処置が必要で、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

これを保険適用にしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスをしなくて良いとは言えません。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の腕次第で大きく違ってくると言うべきです。

インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと言えます。

良く検討した上で、歯科医を選ぶことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なのがインプラントです。しかし、制約もあるので覚えておきましょう。

何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているということです。これは重要な事実です。どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、インプラントの利用が不可能と診断されるケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

インプラントならば、他の人工歯と比べても安定した使用感が得られ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもこの治療の良さでもあります。上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい頑丈です。

もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

治療が失敗すると、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体に生じた問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題もあります。このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はともかく慎重に決めてください。

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

審美性を考えた場合、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が高い評価を得るでしょう。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというのが痛いところです。成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

ケースによっては数十万円の負担になることも覚悟してください。

それから、治療が失敗すると、場合によっては取り返しがつかない健康被害が起きるという重大な問題もあります。障害を負うにとどまらず、患者の死亡例も実際にあります。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治すのは必須です。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも事故を引き起こす可能性が増します。もちろん、こうした既往症があるだけで絶対治療できないとは言えません。歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。どんなインプラントも虫歯の危険性は全くありませんが、歯周病には気をつけてください。長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はずっと続きます。ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察を受けましょう。せっかく完了したインプラント治療も治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、不断のケアが求められます。毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールを継続した上でインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが、インプラント維持のために必要です。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが十分でないと歯周病などのリスクが増します。

近年市民権を得てきたインプラント。

人工歯の組成には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必要不可欠です。

もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、その分、インプラントの人工歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。最近よく聞くようになったインプラント。

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。

なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

それに対して、インプラントというのは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。入院することはめったにありません。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院して手術するケースも実際にあります。

もし、自分が該当すると思われるなら長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨の幅が足りない」ということならばまだあきらめなくて良いかもしれません。

歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば従来はできないといわれていた症例でも治療は決して不可能ではありません。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で十分調べてください。人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、術後の患者さんは、ほとんどが違和感を生じるのが当たり前の反応です。

腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにじっと耐えてください。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。大至急歯科医にかかってください。

参照元