実際に浮気調査にかかる期間はどれぐらいなのかというと、平均で3〜4日かかるといわれています。しかしこれはあくまでも平均がそれぐらいだという話です。

浮気を疑っているパートナーがとても用心深かったりすると、3〜4日では終わらず1週間から1カ月以上かかってしまうことがあるのです。

一方で、浮気するだろうという日が特定済みの場合は、1日だけで浮気調査が終わってしまうこともあります。自分の配偶者が、浮気という過ちを冒していても離婚を避けたいのなら密会の場面に行こうとするのはしないほうがいいでしょう。

パートナーを裏切ったことがバレた途端に妻または夫の頭に血が上って、居直ってしまって、夫婦関係が修復不可能になるかもしれません。

しかも、浮気相手に直接関わった結果、大きなストレスになってしまうのです。夫の浮気相手のところに妻が談判に行ってとんでもない修羅場になってしまうのは、ドラマ・芝居で目にすることも多いです。

配偶者の浮気現場に乗り込むのが男の場合は、殺傷沙汰にまでなってしまうサスペンスドラマも少なくありません。

配偶者と浮気相手のいるところへ自ら踏み込むのもあっていいやり方でしょう。別れるつもりがあるならば、試してもいいと思います。 追跡グッズという人探しが使うものは 自分自身で買えるのかと言われたら買えます。

追跡グッズは、GPS端末を一般に用いるというケースがほとんどですが、誰でもネットなどで買えます。車に載せているのをよく見るGPS端末は、本来、車の盗難されたときのために付けておくものですので、当然、誰でも購入できます。

自分で浮気調査はすべきではありません。

その理由は頭に血がのぼってしまうかも知れません。

強い心を持っている人でも、裏切られたことをいざ実感してしまうと怒鳴り込んでしまい、調査を台無しにしてしまう例が発生することも多いのです。

余計な厄介ごとを増やさないためにも確かな証拠を得るためにも、専門家である人探しに依頼するべきでしょう。

浮気調査を探偵事務所に成功報酬で依頼すれば損はしないと思いがちですがそうとも言えないケースもままあります。

普通、成功報酬と言えば結果として不成功となった場合、報酬支払いの義務がなくなるのでお願いした側にとって得になるような感じを持ちます。

そのため、成功報酬というシステムの探偵事務所のみを、見つけている人もいるのです。尾行について時間による代金設定がされている場合、人探しの尾行にかかる時間が短い方が、少ない費用になります。

ですので、尾行を探偵にお願いするなら、相手の日々の行動を調べ上げることが重要です。

自分自身が怪しいと思っている時間帯や曜日に探偵に尾行を依頼すると、探偵にも余計な労力がかからず、お互いにとってメリットがあります。費用を節約して浮気調査をするには、事前にある程度自分で調査しておきたいものです。

調査とはいっても簡単にできることなのです。

何をすればいいかというと、パートナーの毎日の行動を記録するだけで立派な調査資料になります。毎日、仕事に出掛けた時間、帰ってくる時間、電話が掛ってきた場合は、その時間と話していた時間の記録もしておきましょう。浮気調査で肝要なのは、本当に浮気しているのか? という疑問を確信に変えることです。浮気しているか否かが不明瞭な場合は次の段階に進むことが出来ないので、調査を続行するか否かを改めます。不倫相手の存在が確かになれば次にすべきことは、浮気相手の特定です。

主にパートナーの尾行を中心として、些細な痕跡も見逃さぬよう様々な方法で、浮気相手の姿・年齢・氏名などを確認するのです。

成功報酬の難しいところは、もし、浮気調査の依頼したとすると、その際の調査期間が3日間だったとするとその3日間だけ浮気をしていなければその調査は成功として扱われてしまいます。実際に浮気があったとしても、3日の間に浮気が発覚しなければ、結局は浮気の明確な証拠をつかむことなく、調査についてはそこで完了し、事前に約束していた成功報酬を支払うことになるのです。興信所と人探し事務所の違う所を聞かれた場合、あまり無いのではないかと言ってもよろしいでしょう。興信所も探偵事務所も、浮気調査から身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような同じような仕事内容です。

しかし、どちらかを選ぶとしたら傾向としては興信所は企業や団体から多く依頼され、個人からの依頼の多くは人探し事務所に行っています。

どのような行動をしているか記録することで浮気の証明をできることもあります。

基本的に、日々の行動には習慣ができます。

けれども、浮気をすると、動きの法則性が変化してきます。変わった曜日や時間帯を確認できたら、行動をしっかりと観察すると、浮気の決定的な証拠をつかむ見込みが増えます。

浮気の裏付けをつかみ取るには、探偵に浮気調査をしてもらうのが一番確実です。

ところが、探偵に頼むと高額なので、あらゆる人が簡単に頼むことのできるものではありません。

人探しに浮気の調査を頼んだら、お値段はどのくらいあればよいのでしょう?人探し事務所によってそれぞれお値段は違ってくるので、依頼前に一度見積もりをしてもらうとよいでしょう。

不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度となるケースもありますし、400万円くらいになる場合もあります。離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、その金額は少なくなってしまうでしょう。また、不倫相手の方が配偶者との肉体関係を認めないときには証拠が必要となります。

どの人から見てもはっきりとした浮気の証拠が必要です。

法律の上で、結婚した人が婚姻関係にない人と自分から男女の関係にいたることを不倫といいます。

ということは、法律の中では、性関係になければ、一緒に出かけたりしても、浮気とはいえないということになります。

自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、プロに頼んで調べてもらうという手もあります。

浮気調査に対して人探しに払う費用は「実費」と「時間給」の2つです。

実費とは具体的には交通費や写真現像代やフィルム代といった費用になりますが、調査の際の食費が上乗せされることもあるでしょう。また、時間給は調査員の人数×調査時間で、算出した費用です。

短い期間で浮気調査を終えると費用も安くすむわけです。

相手に全く覚られずに、明らかに浮気していると第三者にも分かる証拠を得るには、技術や機材がちゃんとしている必要があります。

浮気の現場をカメラにおさめても、露出が足りず写っている顔がはっきり判らないとなると証拠として扱われません。

浮気調査を人探しに依頼した場合は、超小型の機材を使い相手が知らない間に十分証拠となる写真を撮ることができます。

探偵が行う浮気調査でも毎回成功するとは限らないでしょう。

探偵が浮気をはじめとした調査の達人だといっても、予期せぬトラブルに見舞われることが全くないとは言えません。

配偶者がいきなり車や電車を使ったり、探偵の尾行に気づいてしまう可能性もあります。

もしくは、浮気調査期間中に不倫相手と接触しない場合には尻尾を掴みようがないです。

飲食店などの領収証の記載には定食の数から一緒にいた人の数が記載されている可能性があるので、浮気と判断する際の決定的な証拠となるでしょう。あわせて、クレジットカードの支払い項目は月々チェックするようにします。出張の際の宿泊がビジネスホテルではない場合やシングルの宿泊費にしては高額だったりすると、浮気相手と宿泊した想像されてしまう事があります。探偵事務所のなかでも料金が成功報酬のところは、調査が成功しなければ料金が発生しないという懸念があるため、成功報酬の金額が相場より高く設定されているケースが多いようです。

そのように考えると、成功報酬であっても、浮気調査費を安く抑えられるわけではないのです。実際の調査能力などもチェックして、信頼できる料金システムを提示している探偵事務所に依頼した方が満足できるのではないでしょうか。

日頃、相手の行動の様子を気をつけてみておくことはだれにも頼まずにできることですが、浮気の事実を決定づける証拠を押さえるためには、専門職としてノウハウを持っている探偵に頼んだ方がトラブルの心配もなく、安心です。そして、人探しに頼む場合、単に、浮気の証拠を入手するだけではなく、豊富な経験から、様々な助言をもらえるということも、貴重なのです。

人探しを頼むにはお金が掛かりますから、自分でやってみようとする人もいるものです。

難なく尾行しているようにテレビドラマを見れば思ってしまいますが、実践してみればそうはいかないもので相手に悟られず尾行をするのは並大抵のことではないのです。相手の隙を掴まねばならないのに警戒されてしまえば、浮気の決定打を見逃してしまう可能性もあります。

相手の非を認めさせるには確実な証拠がいるので、浮気調査は探偵がしたほうが確実です。人探しの仕事は依頼された調査を行えばそれだけでいい訳ではありません。

不倫をしているのか調べていくと、トラブルが発生する可能性があります。

そういう時に、一番に依頼人のことを最優先に考えてくれるのが信用できる人探しということです。信頼できる人探しかを確認するのには、相談する時の様子などでよく考えて判断するようにしてください。不倫に関する問題を誰かに相談するなら弁護士がいいでしょう。

離婚したいと考えるのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと考えるのかを考えてから相談するようにしましょう。それに、不倫の証拠を掴みたいと考えている場合には、探偵や興信所に相談するようにしてください。

女性の場合、近所に住む奥さんや友人に相談してしまう人もかなり多いですが、噂の対象になりたくないのであれば、絶対にいけません。

もし、貴方が不倫などに向き合うことになり、慰謝料を請求する側になったとすれば、まずは相手のことを知らなればなりませんし、何回もやっているのであれば、その都度都度の過ちの証拠を見せられなければなりません。

しかし、調査のプロである人探しに依頼したら、疑いようもなく誰にも認められる証拠を貴方に届けてくれますし、裁判において、貴方の望む報いを与えるに充分な物を準備して貰えるのです。

探偵の一部はアルバイトの場合があるんです。

アルバイト、人探しで検索すれば、募集がかかっていることを知るでしょう。このように、バイトが仕事をしている人探し事務所もたくさんあるわけです。

浮気について調べるように言うときには、個人情報を教える必要があります。アルバイトだと不意に放り投げることもあるかもしれないですし、聞いた事柄を第三者に教えてしまうことができてしまうわけです。実際、もう離婚になってもいい、その場合の慰謝料は少しでもたくさん取りたいとの考えなら、浮気現場に踏み込む方法を取ってもいいです。けれども1人で踏み込むと、大きい揉め事の原因になりうるので、止めるようお願いします。信頼している人を連れて行けば、感情的になり事件を起こすことが避けられます。信頼できる人が同行できないときは、探偵等に頼むことをお勧めします。同一電話番号から電話を頻回にまた、掛けているその電話番号に掛けていたりしたらそれが浮気相手とのやり取りであるのはとても高いと言えるでしょう。

そうしたらその電話番号の相手が誰かということを見つけ出せばいいのです。

ですが、気の回るパートナーですと、浮気相手との電話の後には通話の履歴を削除するということを抜かりなく行うといったような事もあります。探偵には悪いところがなくても、依頼者のちょっとした言動で、パートナーが何か変だなと勘付いてしまって浮気調査が困難になり、失敗してしまう場合もあるでしょう。浮気調査を探偵に依頼しても、確実に証拠が集められると決めつけてはいけません。

成功しなかったときの調査にかかった費用についても、契約を交わす際に決めておくことが大事だと言えます。

GPS端末を使い、毎週のように行っている所を検索して、近くの喫茶店などで様子を伺っていれば、必ず相手はやってくるはずなので、その実態を把握することは可能です。

あまり予算が無い場合には、GPS端末で立ち寄る場所を調査するのも、ひとつの方法ではあります。その機械を付けている事が知られてしまう事があります。

参照元