人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材から作られています。

インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費を覚悟しましょう。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが治療や手術への心配がなくなるでしょう。

新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。それは、治療を行う歯科医の腕や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、どうなると言い切ることはできず、人と状況によりけりなのです。

鎮痛剤を飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

インプラントの手術してからしばらくの間、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどなので、気にしないでください。別の原因が隠れていることもあり得るため、特に手術後は、異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることを心がけてください。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。埋入手術後はどの患者さんも人工物を入れられた違和感を感じています。腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、違和感を感じてもくれぐれも触らないようじっと耐えてください。もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、その原因を究明し、対応することが求められます。指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのがとても大事です。美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。

今は、このような病歴があるからといってインプラント治療ができないわけではないため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。どんなインプラントも永久に虫歯から免れますが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはどこまでも続きます。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を疑ってください。

放置すると炎症が広がるので早急に診察を受けましょう。インプラント埋入は外科手術なので、術後は痛みが落ち着くまでは、安静に過ごすように努めましょう。

日常生活には極端な制限はありませんが、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらくの間は控えましょう。血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、いつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。

技術の進歩した今では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足が要因となっています。高い技量を持つ歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。多くのメリットを知られるインプラント治療。でも、それと裏腹のデメリットもあります。

最大のデメリットは費用が高額になることです。難しいケースでは数十万円かかることも珍しくありません。

また、治療の失敗内容によってはかなり深刻な問題が起こることもあるという重大な問題もあります。

まれな症例として、治療によって死亡したケースもありました。

典型的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのが大まかなプロセスです。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればもう少し粘ってみてください。

歯科医の腕と設備次第で、少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療ができるようになっています。

現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探して、問い合わせてみましょう。欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

審美性を考えた場合、どちらかというとインプラントが高い評価を得るでしょう。先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛い面があります。どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の腕次第で決定的な違いが出てくると考えられます。

この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法とされています。できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。

インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療中でも、治療後もそれとわかることは本当に少ないという点です。

見た目からしても、自分の歯のように自然な印象を与えるのでインプラントだとカミングアウトしなければもしかしたら義歯かと思われる心配も考えなくて良いのです。

前歯など、自然に見せたい歯の場合はおすすめしたい治療法です。代表的なインプラント適用のケースは、周辺の歯に関係なく治療したいなどの要望があるケースです。

ブリッジ治療で考えると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという要望がある場合、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが次のステップに進むための条件です。

周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。

インプラント治療のために何でもできると思うなら、治療を受けている間はがんばって禁煙に励みましょう。

一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。

また歯科医の評判によっても費用の差になってきますので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して治療を始めても、決して遅くありません。ここで重視すべきなのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、再手術を迫られ、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。インプラントとクラウンがどう違うかというと、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が残せれば冠状の義歯としてクラウンという義歯をはめられます。抜歯した場合の選択は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。

インプラント手術の未経験者にとってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

インプラント埋入手術を受けても、強い痛みを感じることはないと思ってください。

麻酔が効いたことを確認した上で手術の本番に入るためです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みを感じることもあります。化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。つまり、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、利用することは不可能です。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。様々なインプラント治療の問題点を皆さん、入念に調べたと思います。その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった話を聞いた方もいるでしょう。

しかし、それは正しくありません。MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、そのため、MRI検査は問題なくできます。

インプラントならば、他の人工歯と比べてもしっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはまた嬉しいですね。

隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強度を備えています。

もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療は高額になることを知っておいてください。保険適用の可能性もゼロではありませんが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

自費診療として始めるしかないのが費用を押し上げる最大の原因です。

現状では最低線が十数万円、難しい治療を受けるケースでは費用はその数倍に及ぶことを重々承知しておいてください。

基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。高額の費用が負担となる方もまだまだ多いのです。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローン商品を使える融通の利く歯科医院が多くなりました。現金で費用を一括払いする必要なく、治療を始めることは十分可能になりました。

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。

その耐用年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、義歯の耐用年数自体にも影響が出ます。

インプラント治療の大きな問題は、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。おおむね保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですから何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても一概に費用を決められませんし、自由診療なので、歯科医院ごとに思いの外費用は違ってきます。治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならない点も知っておく必要があります。

これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。

実際のところ、費用の総額は歯科医院や歯科医によって相当な開きがあります。この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用設定は歯科医院に完全に任されています。

ただし、おおよそ相場は決まっています。

インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどがおおよその相場と考えてください。

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗のリスクはあります。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものの問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目の問題が起きる可能性もあります。

リスクをできるだけ減らすためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療は他の治療が難しい患者さんが受ける治療です。

クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラント治療になる患者さんが多いでしょう。

入れ歯に比べ、インプラントでは歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

website